現職WEBデザイナーがガチで選ぶWordPressスクール

ブログランキング

コロナによる仕事、生活、価値観などの変化により、私たちの将来不安はさらに高まってきました。

でも…

稼ぎたくても仕事がない!

定時で退社させられる!

リモートワークのため残業できない!

時間があるのに稼ぎたくても稼げないというストレスにさらに悩まされている方も多いと思います。

あれ?でも悩みを呟いているだけのような生産性のない事しているんじゃなくて、考え方をプラスに変えて、この空いた時間を”学び”の時間にしたらいいんじゃない?

実はこの逆境をプラスに捉え、すでに新たな副業スキルを学ぶため、wordpressスクールを受講する方が増えています!

現役でWEB系の会社で働きながら、WEBスクールの講師も務める私がWEBスクールの中でも、特に今回はwordpressスクールの選び方について感じることを、好き勝手に書き殴ってみました。

多分これからwordpressスクールを選ぶ方にとって参考になるんじゃないかと思います。

WEB系スクールの比較もそのうちできたらと思っていますので、それも楽しみにしてて下さい。

wordpressスクールと独学の違い

正しい設定方法を学べる

正直な話、wordpressは頑張れば独学でも使えるようになります。

使えるようになるまでにどのくらいかかるかって?普通に働いていたら半年は欲しいかなって感じています。

多分もっと早く投稿したり、管理画面も使えるようになったりする人も大勢いるでしょう。

でも…残念ながら設定を間違えたまま続けていたために、新たにwordpressサイトを作り直したり、これまで作ってきた記事を削除したりしなければならない場合もあります。

たとえばカテゴリや投稿ページのURLの設定をデフォルトのまま通し番号にしてしまったり、ドメインを他のものに変えたくなってしまったなんて時はもう取り返しがつきません。

URLやドメインを変えた瞬間、これまでのページの実績はリセットされます。

SEOはゼロから評価されることになるわけです。

また、こんな事も考えられます。

間違えた答えを記載しているサイトや、古い情報を記載したままのサイトを信じて覚えてしまった…。

独学では間違えたまま継続してしまっても、誰からも指摘されません。自分で気づくまで間違えたままの設定が続きます。学ぶ最初のタイミングから最新の正しい知識が得られる環境というのは、wordpressスクールの大きな特徴の一つです。

最新のスキル・ノウハウが学べる

前項でも少し触れましたが、最新のノウハウを学べるのもスクールの特徴です。

インターネットでwordpressのノウハウを調べる場合、古い情報が記載されているサイトも多々あります。それは、そのページの更新日時を見て新しいからといって、完全に信頼できるものでもありません。

そのページを書いている人が古い知識しか持っていなければ、そのサイトの情報は古い内容という事になります。

無料でインターネットから学べるのはメリットですが、誰もそのページやそのサイトの内容について保証していません。

一方、スクールの場合には常に最新の情報にアップデートされます。これは私が実際に働いているWEBスクールでも頻繁に起こるものですが、小さい更新は常にあります。

また大きな更新や、別講座になるんじゃないかという様な大きなアップデートも2年に一度くらいはあります。

まあ、その度に講師も知識をアップデートしなければなりませんけどね。スクールとしては、そんな最新の情報も常に提供するというのが一つ保証されています。

短期間でレベルの高い知識とスキルを得られる

独学とは圧倒的に違うもう一つの点として、短期間での学習効果があります。

同じ学習時間であれば、明らかにスクールで学んだ方が学習効果が高いでしょう。スクールには研究され最適化されたカリキュラムがあり、その良し悪しによってスクールの評価が変わってきます。

調べればすぐにスクールの評価が分かる今の時代には、悪いカリキュラムは改善され、それが出来ないスクールは消えていきます。

したがって、スクールで学ぶことは、質の高い最新の満足度の高いカリキュラムを学べるというメリットがあります。

wordpressスクールを選ぶポイント

では実際にどんなスクールを選ぶのがいいのでしょうか。たくさんあるスクールですが特徴も金額もオンラインか対面かも違いがあります。

1講師に対する生徒数が少ないスクールを選ぶ

現役でスクール講師をしているからよく分かりますが、一人の講師に対して大勢の生徒がいる場合には、どうしても生徒間の理解度に差が出てしまいます。

質問をたくさんした生徒がスキルが高まり、質問をあまりしない生徒がスキルが低いかというとそんな事は関係ありませんが、質問の差は同じ金額を払っているのに不公平な感じもします。

ただ言えるのは、質問をたくさんした生徒の方がスキルアップできる可能性が高いです。

質問をせずに自力で理解できる生徒もいます。しかし、質問をしなければ理解できなかった生徒にとっては、質問は正しい選択だったことになります。

もしその生徒が質問をせず、自力で頑張っていたなら、その問題は理解できないままであったか、理解するのに相当の時間がかかっていたはずです。

すぐに質問できる環境はスクールの大きなメリットですよね。そして、受講生の人数はすぐに質問できるのか、質問を行うのに順番待ちをしなければならないのかに関わってきます。

スクールを選ぶならなるべく1講師に対する受講生の人数が少ないスクールを選ぶようにしましょう。

補足ですが、1講師に対する受講生の人数は料金に反映される事が多いです。つまり、1講師に対し少人数のスクールは料金が高く、1講師に対し大人数のスクールは料金が安くなる傾向があります。

生徒の人数と料金のバランスを確認して、最適なスクールを選ぶようにするのがポイントです。

現役でWEBデザイン現場で働く講師がいるスクールを選ぶ

現場の経験がないか乏しいままスクールで教えるだけの人に比べ、現役で働いている講師が教える場合には明確に違いが出ます。

現場の生の声を直接聞けるのは大きなメリットです。「ほかのスクールではこういう風に習うけど、実際の現場ではそんな事よりこういう部分を意識して作業した方がいいですよ!」なんて事も言えるわけです。

一般的なスクールではどうしても知識系の話に偏りがちです。知識系の話は講師もテキストを読めば理解できるからです。

でも経験や実体験はテキストを読んだり暗記しただけでは得られません。なるべく現場最前線で働く生の声を聞けるようなスクールを選びたいですね!

現場で働きながら講師も行っている場合の注意点

現場の生の声を聞けるのはメリットですが、そのような講師は、教えるプロではありません。ハッキリ言うと伝えるのが下手な講師もいます。

これは私も講師の仕事を始めた頃にかなり苦労したポイントです。自分では理解していて日々作業している事でも、人に教えるとなると全然伝わらない…。

講師を始めて1年半くらいはずっと辞めたかったですね!笑

(ただ辞めなかったのは、報酬以外にも講師を行うのに大きなメリットがあるからなんですが、それはまた気の向いた時にお話しします。)

ずっと辞める事を考えるほど、人が理解できるように教えるというのは難しいです。そう考えると講師のプロって非常に頭が良く、優秀な人なんだと改めて感じさせられます。

若干話がそれてきそうなので戻しますが、スクールを選ぶポイントとしては、現役WEBデザイナーとか現役エンジニアという名前だけを間に受けるのではなく、その講師がどの程度、講師としての実績があるのかも確認してみましょう。

講師として一定のスキルを担保できているような内容が伺えたり、講師歴なども参考になりそうですね。

オンラインかオフラインかは関係なくなってきた

ZOOMなどのオンラインコミュニケーションツールを使用することにより、実はオンラインとオフラインの差は急速に埋まってきています。

そればかりか、オンラインであることの方がメリットとなる場合さえあります。

また、コロナ渦により蜜を避けたかったり、外出を控えたりする考えがどうしてもあり、対面スクールの生徒数は明らかに減っています。

こうした背景もあり、これまで対面でしか行っていなかったスクールでもオンライン講座をスタートさせ、対面と同等レベルの理解度・満足度を確保するためのサービスを提供できるようになっています。

実は私が働いているスクールでも、これまでは対面のみでしたが、コロナ以降はオンライン受講にもかなり力を入れています。

オンライン講座のデメリット

講師もオンライン対応のやり方、コツを掴んできたし、受講生側にもオンラインで行う違和感などはほぼないでしょう。

ただ、もしオンラインを選ぶのであればまだしばらくはオンライン専門スクールを選んだ方がいいかもしれません。

対面スクールが手を伸ばしたようなオンライン講座のデメリットは、テキストにあります。

おそらく今現在は、テキストは対面講座の時のテキストを使用しているのではないでしょうか。非常にノウハウの詰まったテキストではありますし、それなりの満足度も得られるでしょう。

講師もそれに対する質問への対応や時にはプラスアルファも解説できるかもしれません。

でもそれはやはり対面で行われるべき内容のテキストで、対面カリキュラムの内容で最適化されています。

オンライン講座の卒業生をたくさん輩出してきたオンライン専門のスクールとは、実績もノウハウもトラブル率も差が出てしまうのは仕方ないのではないでしょうか。

せっかくお金を払うんだから、トラブルなく、ストレスなく、スムーズに、そして効率的に学び、スキル習得したいですよね。

オンライン専門スクールのメリット

コロナ渦の今だからこそ、オンラインスクールで安心安全にスキルアップ。

オンライン専門スクールのメリット

  • 自宅にいながら学べる
  • 自分の慣れたパソコンで学べる
  • 対面のストレスなく学べる
  • 移動の時間がかからない

対面スクールでは、教室に入る際に必ず消毒と検温を行い、一定以上の体温があった場合には無条件に入室を断られます。

もし、コレらの体温をしていないスクールはこの時代、ヤバイです。

そして入室しても講師とは少なからず接触しなければなりません。

私は講師側の立場ですが、一人の生徒を見たあとは消毒をしてから、次の生徒の元へ行きます。当然換気を行い、生徒間にはバリケードも設置しています。しかし、やはり不安は不安ですよね。

こんな時代だからこそ、なるべく接触しないで済むならそうしたい。

もしかしたら、オンラインスクールの一番のメリットは非接触であることかもしれませんね。

WordPressスクールのRaise Tech

今回おすすめさせていただくのは、副業専門のWordpress講座があるRaise Techです。

副業専門講座

WordPressの現場に立ちながら講師も行う私が、重要と考えているのが、現場で役に立つスキルです。

知識だけ覚えても、いざ現場に立った時に先輩から一から教えてもらうんでは何の役にもたっていません。

その点、Raise Techの副業Wordpress講座は、卒業後一人でも自立して稼ぐことのできるスキル習得を目指しています。

具体的にはカリキュラムも公開されているから見てほしいんですが、Wordpressの初期構築、周辺知識、HTML、JavaScriptなどの言語、カスタマイズと…、Wordpressに関する一通りの知識をかなりギュウギュウに詰め込んでいます。

恐らく初心者が一度でマスターするにはハードルが高いくらいみっちりと色んな知識を教えてくれます。

副業で”稼ぐ”事を目的としているから、この講座を選ぶ生徒も意識高く学習できる方が集まってきます。

稼げるWordpressのスキルが身につくRaise Tech。短期間集中で一気に”稼げる”スキルを身につけたいですね!

無制限オンラインサポート

多分ビデオだけで、一人でこの量のカリキュラムをこの短時間で習得するのは難しいと思います。

おすすめのポイント2つめが、この無制限で可能なオンラインサポートです。

理解度を高め、挫折も防ぐよう、チャット、ビデオ視聴、マンツーマン、補講といった色んな方法で徹底的にサポートしてくれます。さっかく現役エンジニアが教えてくれるんだから、ぜひ生の声を聞きたいですよね!

→ Raise Tech 詳細情報を見る

コメント

  1. でめきん より:

    みっど店長
    こんばんわ!

    でめきんと申します。

    ランキングから来ました♪

    これからWordPressを
    使っていこうと思っているので、
    参考にさせていただきます!

    • みっど より:

      でめきんさんコメントありがとうございます!目的を見失わずにwordpressを使って頑張って下さい!

      私も初心者の方が一から参考にできるような、分かりやすい記事を書けるようにこれからも頑張ります。
      コメントスゴく嬉しいです!