通販初心者が出店すべき通販サイトは?楽天市場 アマゾンなどサイト比較

ブログランキング

楽天市場と通販

楽天市場は2017年で20周年を迎えました。
この20年間のほとんどを、通販業界のトップで走り続けてきました。

日本においては、通販=楽天市場といってもいいほどの業績と貢献を行ってきました。

こてまで、多くの場合は、ネットで商品を購入するなら楽天市場だったのです。

そう、「これまでは」です。

通販戦国時代に突入

いま現在は通販業界は3大通販会社を中心に数多くのショッピングモールとネットショップサービスで成り立っています。

三大通販会社とは、楽天市場アマゾン、そしてYahoo!ショッピングです。

また、その他の通販とは、SHOPLISTやポンパレモール、zozoタウンを始め、無数のショッピングモールと、Makeshop、EC-CUBE、BASE、STORES.jpなどネットショッッピングサービスが乱立する、まさに通販戦国時代とも言えます。

そんな時代のため、ネットショップをこれから始めようとする人にとっては、どこに出店をしていいのか本当に悩むことと思います。

通販初心者が出店するべき通販サイトとは

まず最初に答えを言ってしまうと・・・

出店するなら以下の3つです。

  • 楽天市場
  • アマゾン
  • Yahoo!ショッピング

通販において、この三大サイトの地位が、今後数年から数十年崩れることはないでしょう。

ショッピングモールにおいて最も怖いのは、せっかく育ててきたショップが無くなってしまうことです。

特にモール型の通販サイトは、サービス全てを依存する形で成り立っています。

依存というのは、モールがなくなってしまえばショップもなくなってしまう事を意味します。

つまり、通販サイトを始める上での大前提は、集客やSEOに強い、デザインが豊富などのソフト面ではなく、ハード面であるモールの自体の確実性・安定性を考えましょう。

通販でいち早く地位を築いた3大サイト

楽天市場、アマゾン、Yahooショッピングは、通販戦国時代が始まる前に、すでにその地位を確立しました。たとえばコンビニで圧倒的1位を確立したセブンイレブンのように、携帯電話のドコモ、au、ソフトバンクのように、通販三大サイトが来年または数年先に、その地位を譲るとは考えにくいはずです。

つまり、三大サイトのいずれかまたは複数に出店する事が、最もリスクヘッジを考えた選択だと言えるのです。

もしくは・・・それでも他のサイトにチャレンジしますか?

ほかのサイトへはまず三大サイトへ出店し、最初の成功を収めてからでも遅くありません。

楽天市場、アマゾン、Yahooショッピング比較

項目 楽天市場 アマゾン Yahooショッピング
手数料 12-20% 10-30% 8-10%
初期費用 60,000円(税別) 無料 無料
月額 19,500円(税別)~ 4,900円(税別) 無料
商品登録数 5,000(がんばれプラン) 無制限 無制限

※手数料は成約手数料、カード手数料、ポイント原資、アフィリエイト負担分などを含めた最終的合計率の大体の目安です。

全体的な評価としては、楽天市場は高額な初期費用もあることから、出店へのハードルは最も高いグループに属します。反対にアマゾンとYahooショッピングは比較的出店のハードルは少ないでしょう。

集客力は楽天市場、アマゾンが最も評価できます。Yahooショッピングはこの二つに比べると若干劣ります。

出店経費トータル( 高い > 低い )

楽天市場 > アマゾン > Yahooショッピング

まとめ

以上の比較より、最初に出店するべきは、経費が少なくて済むYahooショッピングまたはアマゾンがベストです。

2017年の伸びを考えるとアマゾンが特におすすめです。

そしてアマゾン、Yahooショッピングと出店をし、慣れてきたら楽天市場にも出店しましょう。楽天市場の経費は高いですが、通販をやる上では避けては通れない道となります。

楽天市場は今なお抜群の集客力を誇ります。

楽天市場で売れてくると、想像以上の売上げを上げる事も可能となります。

無料のBASEやSTORES.JPなど、簡単にネットショップを持つことができる時代になりました。しかし、BASEやSTORES.JPは集客を自分で行う必要があります。

また、商品を欲しがるお客さんが集まるモールがないか、もしくは集客の少ないモールがあるのみです。無料でショップを持てても、集客で困る事は目に見えています。

初心者だからこそ、最大のキーポイントとなる集客に強いアマゾン、もしくはYahooショッピングに出店をおすすめします。

また、繰り返しになりますが、操作性やデザインだけでサイトを選ぶとモール依存の場合、サイト自体がなくなった時に、資産はゼロとなってしまいます。

通販サイトを選ぶ際はサイトの大きさ・安定を考えて楽天市場、アマゾン、Yahooショッピングから選ぶ事をおすすめします。

スポンサーリンク
ブログランキング

シェアする

フォローする